自動車保険

東京海上「トータルアシスト自動車保険」が顧客満足度上位の理由を徹底分析

自動車保険は大きく分けて代理店系とダイレクト系の2種類がありますが、東京海上日動の「トータルアシスト自動車保険」は代理店系の中では顧客満足度が高いことで知られています。

自動車保険は保険料が安ければいいと考えている人も多いでしょうが、満足度調査で常に上位の保険会社、少しは気になりませんか?

そこで、この記事ではなぜ東京海上日動の「トータルアシスト自動車保険」が満足度調査で上位をキープしているのか、その理由を徹底分析します。

「トータルアシスト自動車保険」はJ.D.パワー社の調査で上位の常連

顧客満足度の調査やコンサルティングを専門に行っている株式会社J.D.パワーは、自動車保険の満足度調査を毎年行っています。

ネットで探せばトータルアシスト自動車保険の口コミや評判はある程度見つかりますが、こうしたものは信頼性が乏しくほとんど参考になりません。

しかしJ.D.パワー社は外部の第三者であり、リサーチだけでなくそれを元にコンサルを行う会社なので、その調査には一定の信頼度があるとみて良いでしょう。

J.D.パワー社では「契約内容/契約手続き」「価格」「保険証券」「顧客対応」「事故対応/保険金支払い」という5つの要素を考慮してランキングを決定しています。

このランキングでトータルアシスト自動車保険は「自動車保険契約者満足度調査(代理店系保険会社部門)」において2016年が第2位、2017年が第4位、2018年が第3位となっています。

常にランキングの上位にいるので、少なくともトータルアシスト自動車保険は総合力で心配のない商品と考えて良いのではないでしょうか。

公式サイト:トータルアシスト自動車保険|東京海上日動
引用元:J.D. パワー 2018年自動車保険契約者満足度調査

「トータルアシスト自動車保険」の補償内容

自動車保険を選ぶポイントは大きく分けて補償内容と保険料です。まずはトータルアシスト自動車保険の補償内容の特徴をみていきましょう。

基本補償はごくオーソドックス

トータルアシスト自動車保険の基本的な補償は以下のとおりです。

  • 対人賠償責任保険
  • 対物賠償責任保険
  • 人身傷害保険(+人身傷害の他車搭乗中および車外自動車事故補償特約)
  • 車両保険

対物賠償責任保険には「対物超過修理費特約」が自動セットされます。この特約は、相手方の車両の修理費が時価を上回ったときに、その差額を支払うための特約です。

本来、時価を超える修理費相当額については賠償金を支払う義務がないのですが、交渉でもめて長引くことが多いため、自動セットとしている保険会社が多くあります。東京海上もその1つです。

「人身傷害の他車搭乗中および車外自動車事故補償特約」はやや見慣れないネーミングですが、補償内容は一般的な人身傷害保険と同じです。

この特約を付加すると契約車両を運転しているときだけでなく他人の車を運転しているときや、車を運転していないときに車と接触してケガをした場合に補償されます。これは必要というほどの補償ではないので無理に付加する必要はないでしょう。

車両保険は「一般条件」と「エコノミー車両保険」の2種類で、内容は一般的な自動車保険と同じです。

なお「車両全損時諸費用補償特約」が自動セットされます。この特約は契約車両の全損時等に、車両保険金額の10%を上乗せして支払うものです。これも必要というほどの補償ではありませんが自動セットなので外せません。

自動セットの特約があればその分、保険料に反映されている点に注意しましょう。

事故対応は優れている

事故対応においてトータルアシスト自動車保険の最大の特徴は「ドライブエージェント パーソナル」であると言って良いでしょう。

ドライブエージェントパーソナルは「事故発生の通知等に関する特約」という特約を付加し、月額650円の保険料を支払うと利用できます。

この特約を付加すると、フルHDカメラやオリジナル通信機能を搭載したドライブレコーダーをレンタルすることができます。


引用元:ドライブエージェントパーソナル|東京海上日動

このドライブレコーダーを装着すると、以下のようなメリットがあります。

  • ドライブレコーダーが強い衝撃を検知すると、提携している警備会社へ自動で連絡が行く
  • 一定の衝撃を検知すると事故映像が自動的に記録され、東京海上へ送信される
  • ドライブレコーダーを通じて担当者と会話が可能
  • 状況に応じて警備会社が消防や救急へ連絡してくれる
  • 端末が起動している間は常時、映像をフルHD画質で保存してくれる(自動的に送信されなかった場合も安心)

交通事故を経験したことがない人は、事故が起きたときは気持ちが動揺して判断力が鈍るということを知っておいてください。

でもこの特約を契約してドライブレコーダーをつけておけば、警察以外のところはすべて自動で連絡が行くことになります。

また、単に連絡が行くだけでなく事故映像まで自動で送られるので、保険会社による事故処理もスピーディーに進むものと予想されます。これは大きいです。

他社では警備員が現場に来てくれるサービスを用意しているところがありますが、トータルアシスト自動車保険では現場に警備員が来てくれるわけではないものの、それに匹敵するサービスと言えます。

そのため、トータルアシスト自動車保険を契約するならこの特約はぜひ付加しておきたいところです。公式サイト内に動画による説明があるのでぜひ見てください。

救急は最も早く連絡することが必要なので、なるべく自身で呼びましょう。

ロードアシストはごく平凡

トータルアシスト自動車保険のロードサービスは以下のとおりです。

サービス内容 実施の有無
バッテリー上がり
パンク時のスペアタイヤ交換
ガス欠 ◯(10リットル)
キー閉じ込み
落輪 ×
修理工場への搬送 15万円が上限
宿泊費用 ×
帰宅費用 ◯(5万円が上限)
車両引取費用 ◯(10万円が上限)
レンタカー費用補償 ◯(日額5000円、15日が上限)

バッテリー上がりが生じたときのジャンピングやキー閉じ込みなどのトラブルはもちろん対応してもらえます。

ただし落輪は事故でも故障でもないので対象外です。この場合はJAFなどのサービスを利用するしかないでしょう。

レッカー搬送の費用は15万円が上限ですが、JAFの搬送料金が1km720円なので、これをもとに計算すると約200kmとなります。200kmもあればたいていは大丈夫でしょうし、他社と比べても見劣りしません。

なおトータルアシスト自動車保険のロードサービスは合わせてJAFの会員になると最も充実する形になります。この場合は故障時の部品代や消耗品代などの費用も負担してもらえます。

ただし、こうした費用を保険でまかなってもらうべきとは言えないので、迷うならJAFに加入しなくても良いでしょう。

その他の特約

トータルアシスト自動車保険の特約は、これまでに解説したもの以外にも次のようなものがあります。

弁護士費用特約

弁護士費用特約は相手方の過失が100%のときに役立つ特約です。相手方の過失が100%の場合、保険会社が示談代行をすることができないからです。

このような場合に弁護士に対して依頼する費用を負担してくれるのがこの特約です。これは付加しておくことをおすすめします。

入院時選べるアシスト特約

人身傷害保険金が支払われる入院を3日以上した場合、一定額をホームヘルパーや家庭教師の費用等にあてられる補償です。入院が長引くと細々とした出費が増えることを想定したものです。

入院3日目で10万円、以降は10日ごとに10万円が加算されてそれが上限となります(トータルの上限は180万円)。なおこの金額を受け取れるのではなく、実際にかかった費用を補償してくれるというだけですので注意してください。

レンタカー費用等補償特約(事故時30日)

事故・故障・盗難によってレンタカーが必要になったときのレンタカー費用(1日5000円・最大15日)の補償が標準でついていますが、それを最高で1日1万円・30日(事故が原因の場合のみ)に引き上げるのがこの特約です。

契約車両のトラブル時におけるレンタカーのニーズは意外と多いというデータがありますが、必要かどうかは人それぞれでしょう。保険料に見合っていると思うなら契約すると良いです。

車両新価保険特約

車両保険を契約している場合、この特約を付加しておくことで所定の状態(事故により大きな損傷を受け、新車に買い換えた場合)に該当すると新車購入代金が保険金として支払われる特約です。

この特約は保険料が高いので、試算して費用に見合うかどうかよく検討してください。

地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約

地震・噴火またはこれらを原因とする津波によって、契約車両が全損となったときに50万円(定額)を支払う特約です。

地震・噴火・津波は通常の車両保険では補償されないので、これらによる被害に備えたいのであれば付加すべき特約です。

車両無過失事故に関する特約

車両保険を契約していて相手方100%の過失による事故で車両保険を使う場合、ノーカウント事故として扱われる特約です。

相手方100%なら通常は相手から賠償金を受け取れますが、相手方に支払能力がなく自身の車両保険を使わざるを得ないときのための特約です。

相手方が自動車保険に加入していないなど比較的まれなケースを想定しているものですが、不安なら付加しておきましょう。

特約は1つ1つを独立した保険と考え、契約するかどうか決めましょう。

「トータルアシスト自動車保険」の保険料は安いの?

トータルアシスト自動車保険の保険料が他社と比べてどうなのかを検証するため、ホームページで試算してみました。なるべく条件はそろえていますが厳密には一致しませんので注意してください(不要な補償を外せない保険会社もあるため)。

条件は以下のとおりです。

  • 補償の対象:記名被保険者とその配偶者
  • 車種:トヨタ アクア NHP10(新車)※過去に乗っていた車はなし
  • 免許証の色:ブルー
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 対人賠償・対物賠償:無制限
  • 人身傷害保険:3000万円(車内のみ補償)
  • 対物全損時差額修理費用補償:あり
  • 予想走行距離:5000km以下
  • 等級:6等級
  • 証券不発行割引あり
  • 車両保険:なし
  • 居住地域:東京都

年間保険料は以下のとおりとなりました(単位:円)。30歳くらいまでは保険会社による差が大きいです。

東京海上 セゾン ソニー損保 あいおい SBI損保
21歳 79,610 115,720 90,670 117,930 73,420
25歳 79,610 71,970 90,670 117,930 72,720
30歳 62,600 48,930 48,060 82,920 39,080
35歳 56,650 42,180 48,060 81,240 39,080
40歳 54,440 41,920 47,880 78,690 39,490
45歳 54,440 43,080 47,880 78,690 39,490
50歳 53,950 43,730 47,930 77,610 38,590
55歳 53,950 41,350 48,010 77,610 38,590
60歳 56,680 44,660 49,250 84,370 43,440

保険料は個別の条件で大きく違うので、必ず自身で見積もりをとって比較してください。ここに掲載しているものはあくまで参考値です。

まとめ

トータルアシスト自動車保険の一番のセールスポイントは事故対応であると言って良いでしょう。

事故で一定の衝撃があると自動で保険会社に連絡が行き、救急車の手配なども行われるというのは他社と比較してかなり優れています。

ロードサービスについてはやや中途半端な印象がありますが、トータルアシスト自動車保険は有力な候補の1つとしても良いでしょう。

保険の加入、解約に迷っている方は無料の保険相談を活用しよう

「生命保険に加入したいけどどれがお得なのかわからない」

「保険料の負担がきついから解約しようか迷っている」

「自分にとって一番最適な保険に入りたい」

現在日本で加入できる生命保険会社は数十社にのぼり、各社それぞれたくさんのプランを提供しているため、一人で保険選びをするのは非常に難しいです。

保険のビュッフェが提供する無料保険相談サービスでは、保険の専門家(ファイナンシャルプランナー)があなたに最適な保険を紹介してくれます。

保険相談は無料で出来ますし、もちろん「お話だけ聞いて加入しない」でもOK!

ご検討ください。

無料保険相談の
詳細はこちら

※保険の見直し一つで年間数万円以上の保険料が変わってくることもあります

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください