自動車保険

全損事故でも全額補償されない?価値が下がった車は車両保険を外すべき

車両保険車の修理費などを補償してくれる保険です。

しかし車両保険は対物や対人などの他の補償とは違い、かかった修理費が全額支払われるわけではありません。

何故なら、車両保険はその車の価値に基づいて補償金額が決められており、年々その価値は下がっていくからです。

そのため「全損」扱いになってしまったとしても、全額補償されるケースはほとんどありません。もし全損になった場合、どのくらいの補償が受けられるのでしょうか

本ページでは「車両保険の全損時の補償についてや、価値が下がってしまったときの車両保険の見直し方などについて」解説します。

車両保険の全損時の補償とは?

保険によって名称や細かい補償内容は異なりますが、基本的には全損となった場合は契約時に決めた自動車の車両保険金額(協定保険価額)を受け取ることができます。

車両保険金額車両保険で受け取ることができる保険金の上限額のことです。

例えば約230万円の新車を購入した場合、三井ダイレクト損保ならおよそ180万~270万の間で5万円刻みで上限額を決めることができます。

他の保険会社でも同様に車の本体価格やグレードを元にして算出された一定額から、加入時にどの金額を上限額にするか自分で決めることになります。

全損の定義

車が「全損」という扱いになるのは、単純に廃車状態になったときだけではありません。自動車保険では以下のケースの場合に「全損」として取り扱われます。

  • 盗難されて車が発見できない
  • 修理が不能な「廃車」状態になった
  • 修理費が車両保険金額を上回った

このように全損とは盗難に遭ったり、修理が不可能なほど壊れてしまうなどの物理的な理由が生じる場合のみではありません。

加入当時に決めた「車両保険金額」を修理費が上回った場合も全損として扱われるので注意しておきましょう。

保険金額以上の保険金は出ない

「修理費が加入当時に決めた車両保険金額を上回ると全損となる」とご説明しました。

しかし注意しておきたいのは、「車両保険金額」は年々変わっていくという点です。

保険金額の上限は、新車を購入すればその購入費用と同じ額になります。しかし1年経つとその車は中古車となり、価値も下がります。車の価値が下がると保険金額の上限も価値と比例して下がっていくのです。

加入時に上限額を200万円に設定していたとしても、保険の満期日が来ればその車の価値は下がります。

翌年の車の価値が160万円だと算出されれば、車両保険金額も160万円となってしまいます。

その年の車両の価値は「協定保険価額」と呼ばれています。全保険会社共通で「レッドブック」と呼ばれている車の小売価格の平均価格が掲載された資料を基にして決定されたものとなります。

200万円の車でも10年経つと価値が下がる

200万円で購入した新車も翌年は150万、2年後は120万…といったように車種や年式にもよりますが、価値が下がっていきます。10年も経てば50万円の価値になることもあります。

価値が50万になってしまえば、車両保険金額の上限額も50万円までしか設定できません。そのため修理で60万円が必要になっても保険会社から支払われるのは最高50万円です。残りの10万円は自己負担として支払わなければなりません。

貰える保険金額は低くても月々の保険料は高い

車の価値が低く、設定できる上限額が低いとその分車両保険の金額も下がります。しかし対人対物などに比べると、支払って貰える金額の割合に比べて車両保険の保険料は割高になります。

一例を挙げてみましょう。

58万円で購入した中古車で車両保険が付いた自動車保険に加入すると年間約13万円です。車両保険を付けない場合は、年間約6万円。つまり車両保険だけで年間7万円が必要だということになります。
(参照:中古車に車両保険をつけるべきか|教えて!goo

この場合は全損扱いになる事故を起こしても、最高で58万円しか支払われません。また、翌年以降はこの金額も下がっていってしまいます。58万円の補償に年間7万円も支払うというのは、非常にコストパフォーマンスが低いと言えるでしょう。

まとめ:補償金額を見て途中で見直しをするべき

100万円以上の補償金額が受けられるなら、年間数万円ほどの保険金を支払って車両保険に加入してもいいでしょう。

しかし全損したとしても最高数十万円しか保険金が受け取れないのであれば、そのために年間数万円支払う必要はありません。その分貯金をするなどして資金を置いておくべきです。

車両保険に加入する際は、以下の点をきちんとチェックしておきましょう。そして更新の際に車両の価格が下がるので、その都度見直していくべきです。

  • 全損してしまった場合に最高で何万円支払って貰えるのか
  • 補償される最高金額に対して保険金はどのくらいか

基本的には車両の価値が100万円を切る場合は車両保険を外したほうがいいでしょう。

新車をローンで購入した場合は、ローンが終わるころには車両の価値も100万円以下となっているケースが多いです。

毎年見直す必要がありますが、特にローンが終わったら車両の保険価額を確認し、本当に車両保険が必要かどうか・コスパが悪くないかという点を見直すようにしておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください