個人年金

日本生命の個人年金はおすすめ?プランを解説

日本最大手の生命保険会社「日本生命」。

日本生命は個人向けの年金プランを主に以下の2つを売り出しています。

  1. 「みらいのカタチ」
  2. 「グランエイジ」

みらいのカタチ:一般的な個人年金

グランエイジ:シニア向けの個人年金

上記のような商品の特徴を持っています。

では、日本生命の個人年金はおすすめなのでしょうか?
本ページでは日本生命の個人年金のプランなどを詳しく解説していきましょう。

日本生命の個人年金の特徴とは?

日本生命は日本で最も大きい生命保険会社です。

契約者数も最多であり、何かあった際の対応にも安心できます。

そんな日本生命が販売する2つの個人年金商品のそれぞれの特徴や契約プラン例を解説していきます。

みらいのカタチ(一般的な個人年金)

「みらいのカタチ」は計画的に将来に必要な資金を準備できる商品であり、主な特徴は以下のとおりです。

  1. 老後の生活資金や教育・結婚・住宅購入等に将来必要な資金等を補う、安定した年金を受取れる
  2. 一般生命保険料控除とは別枠で「個人年金保険料控除」を受けられる

また、契約時に選択できる年金の種類に加え、年金開始時に年金の種類や、受取時期等を変更することができます。

【契約時に選択できる年金の種類】

  • 5年確定年金
  • 10年確定年金
  • 15年確定年金

【年金開始時に選択できる年金の種類】

  • 5年確定年金
  • 10年確定年金
  • 15年確定年金
  • 10年保証期間付終身年金※1

※1保証期間付終身年金とは
終身年金のひとつで、保証期間中は年金受取人の生死にかかわらず、年金が受け取れる年金保険のことです。
保証期間中に年金受取人が亡くなった場合は、残りの保証期間分の年金を遺族が受け取ることになります。
例えば、10年の保証期間が付いた保証期間付終身年金に加入した場合、3年間年金を受け取った後に年金受取人が亡くなった場合、残りの7年分の年金額を遺族が受け取ります。
一生涯受け取れる終身年金に、保証期間が付いていることで、受け取れる年金額が把握できるため、老後資金の準備に適した受取方法のひとつです。

(参照:SMBC日興証券|初めてでもわかりやすい用語集

付帯できる特約

また、みらいのカタチには任意で以下の特約を付帯することが出来ます。

【保険料払込免除特約】
所定の3大疾病等になった場合に保険料の払込みが免除される特約です。

(参照:日本生命|みらいのカタチ

「みらいのカタチ」の契約プラン

契約プランは下表の通り。

返戻率は105.1%とほぼ平均的です。

日本生命「みらいのカタチ」年金保険
払い込み年数 30年
返戻率 105.1%
毎月の保険料 19,022円
保険料の支払総額 6,847,920円
給付金の支給総額 7,200,000円
保障内容 ・保険料振り込み期間に死亡すると「死亡保険金」がもらえる
※ 契約者は30歳男性で計算しています。

シニア向けのグランエイジ

「グランエイジ」の特徴は以下のとおりです。

1.貯蓄に特化した保険

死亡保障がなく、解約返戻金が低く設定されていることで、年金として受け取れる金額を増やす仕組みとなっています。

そのため、途中解約すると返戻金が低くデメリットが大きいため、解約しないように確実に貯蓄ができるとも言えます。

2.年金の種類を2つから選ぶことができる

以下の2つから年金開始時に年金の種類を選択できます。

  • 5年保証期間付き終身年金※2
  • 10年確定年金

※2 5年保証期間付き終身年金
5年間は年金受取人の生死にかかわらず、必ず年金を受け取ることができます。
保証期間中に年金受取人が亡くなった場合は、残りの保証期間分の年金を遺族が受け取ります。

終身年金の場合、生涯にわたって年金を受け取ることができます。

ただし、年金開始日から被保険者の死亡日までの期間によっては、年金および死亡一時金の支払額の合計額が払込保険料の合計額を下回ること(=損をすること)があります。

3.50歳以降からも加入することができる

シニア向けプランのため、50歳~87歳まで加入できます。
さらに、健康状態を告知する必要もありません

これは、高齢で持病を抱える方などにとっては嬉しい点です。

(参照:日本生命|長寿生存保険

「グランエイジ」の契約プラン

グランエイジの契約プランは下表の通りです。

返戻率は106%と平均よりやや高いくらいです。

日本生命「グランエイジ」年金保険(10年確定)
払い込み年数 20年
返戻率 106.7%
毎月の保険料 23,424円
保険料の支払総額 5,621,760円
給付金の支給総額 6,000,000円
※ 契約者は50歳男性で計算しています。

日本生命の個人年金のメリット

2つの商品を総合したメリットをまとめていきます。

日本生命は業界最大手で安心

日本最大手の生命保険会社で、他者の商品と比べてもデメリットが少なく、バランスの取れた商品だと言えます。

確定年金(受給額が確定している年金)なので、資産形成がしやすいですね。

終身型を使えば死ぬまで安心

グランエイジの5年終身年金なら終身にわたって年金をもらえるため、安心して将来の資金を準備することができます。

日本生命の個人年金のデメリット

では、反対にデメリットについて説明いたします。

返戻率は低く、途中解約でかなり損をするケースも

グランエイジの場合、途中解約をすることで払い込んだ保険料より解約返戻金の方が少なく元本割れの可能性もあるため、注意が必要です。

途中契約での元本割れの可能性は注意。

また、いずれのプランでも全体的な返戻率は他社に比べて低く、大手ということもあって安心感はありますが、リターンは小さいです。

日本生命の個人年金はこんな人にオススメ

ここまでの各商品の特徴から、以下のような人におすすめです。

  • 対応力や商品内容において安定性のある、業界最大手の生命保険会社の商品に加入したい
  • 終身型で生涯にわたって年金を受け取りたい、50歳からでも老後に備えたい→「グランエイジ」

まとめ

日本生命が販売する個人年金の商品には以下の2つの種類があります。

  • みらいのカタチ:一般的な個人年金
  • グランエイジ:シニア向けの個人年金

また、それぞれの商品の特徴は以下のとおりです。

「みらいのカタチ」

  • 将来必要な資金等を補う、安定した年金を受取れる
  • 「個人年金保険料控除」を受けられる
  • 年金開始時に年金の種類や、受取時期等を変更することができる
  • 保険料払込免除特約を付帯できる

「グランエイジ」

  • 貯蓄に特化した保険
  • 年金の種類を2つから選ぶことができる
  • 50歳以降からも加入することができる

さらに、日本生命の個人年金に加入するメリットは以下のとおりです。

  • 日本生命は業界最大手で安心
  • 終身型を使えば死ぬまで安心

反対に、デメリットは次のとおりです。

  • 途中解約でかなり損をするケースもある

上記の特徴から、安定性のある業界最大手の生命保険会社の商品に加入したい人や、「グランエイジ」プランに加入して終身にわたって年金を受け取りたい人などにとってはおすすめの商品だと言えます。

執筆者:鄭 恵美

保険の加入、解約に迷っている方は無料の保険相談を活用しよう

「生命保険に加入したいけどどれがお得なのかわからない」

「保険料の負担がきついから解約しようか迷っている」

「自分にとって一番最適な保険に入りたい」

現在日本で加入できる生命保険会社は数十社にのぼり、各社それぞれたくさんのプランを提供しているため、一人で保険選びをするのは非常に難しいです。

保険のビュッフェが提供する無料保険相談サービスでは、保険の専門家(ファイナンシャルプランナー)があなたに最適な保険を紹介してくれます。

保険相談は無料で出来ますし、もちろん「お話だけ聞いて加入しない」でもOK!

ご検討ください。

無料保険相談の
詳細はこちら

※保険の見直し一つで年間数万円以上の保険料が変わってくることもあります

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください