生命保険

不要なものは即解約!生命保険は定期的に見直しすべき

学校を卒業して会社に入社すると身内や会社に訪問してきた保険の販売員に勧められてあまり深く考えずにそのまま保険に加入している人は多いです。私もそうでしたし知人にもそういう人はたくさんいます。

これは実は非常にもったいないことをしてることが大半です。特に5年、10年、それ以上前に加入したそれっきりという人はすぐに見直しをすることをお勧めします。

保険はあくまで保険会社が販売する商品の一つ、電化製品と同じように時代に合わせて変わっていきます

時代が変われば保険も変わる

現代の変化の流れは非常に速いです。自分の身の回りにあるモノを見てみましょう。5年以上、10年以上前のものは古くて使えないということが大半ですよね。保険もそれと同じです。

保険制度は年々変化し、保険の内容も変わっていきます。保険会社では新しい商品が次々に発売され、より良い内容の保険がどんどん現れていきます。

古い保険ではカバーされていなかった保障が、今の保険なら保障されるということも珍しくはありません。そのためある程度の年数で見直していくことが必要なのです。

がん保険の変化

がん保険は特に昔と比べると大きく変化した保険だと言えます。保険会社同士でも競争が激しく、新商品が次々に出ています。

  • 昔のがん保険:がんで入院した際の入院給付金がメイン。通院で治る段階の軽度なものは対象外
  • 今のがん保険:がんで通院した際の通院給付金が付いたものが増加。

今のがん保険に変わった理由は、治療の多様化早期発見されることが増えたからです。入院する日数は短くなり、医療技術が進み通院でもがんを治すことができる時代に変化しました。

放射線治療や抗がん剤治療も場合によっては入院の必要がなく、通院で行われるのが一般的になっているのです。だからこそ通院給付金」が必要とされており、保険会社も通院給付金を手厚くした商品を発売しています。

医療技術はどんどん進歩する

がん保険の場合もそうですが、医療保険のことを考えたときも「医療技術の進歩」について知っておかなくてはなりません。

例えば昔ならメスで患部を開いて手術する必要が合った病気でも、今は内視鏡治療や内視鏡外科手術が進んでおり、切り開く必要がない場合もあります。そうなると回復までの時間が早くなり、結果的に入院期間は短くなります。場合によっては手術が日帰りで行えるものもあります

  • 昔:保険が手厚い入院給付金→大きな病気をした時に入院が長引くことが多かったため
  • 今:日帰り入院でも給付金が貰えるタイプの保険・通院給付金が付いている保険→短期入院で通院がメインになったため

その都度医療技術に合わせて保険を見直さなければ、時代に合った保障を受けられません。

若い年代ならなおさら、今後医療技術が進歩して保険内容もそれに合わせて変わってくることが考えられます。今、一生涯の保障内容を決めるよりは見直しがしやすい定期保険などを選ぶべきでしょう。

公的な制度も変わる

医療技術のみならず、医療に関しては公的な制度も変わっていきます。

会社員であれば健康保険に加入していると思いますが、その健康保険制度では今は自己負担3割です。しかし昔は自己負担が1割でした。負担割合が増えたからこそ、現在は手厚い医療保障が注目されているのです。

※現在医療費は3割負担だが1997年に1割から2割に改定され、2003年に今の3割に改定された。

高額医療費制度も改訂されている

1か月あたりの医療費の上限額を定めて、それ以上になった場合は払い戻される(立て替え払いも可能)高額医療費制度というものがあります。この制度があってよかったと感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

この制度、実は平成27年に改定されています。これまでは上位所得者の区分が年収が770万円以上となっていたのですが、770万~約1160万と約1160万以上の2つの区分に分けられることになりました。更に、上位所得者は自己負担上限額が増えています。

年収が770万円未満の方は変更がありませんが、収入が多い方は自己負担額が増えることを考えて、保険の見直しを考える必要があるでしょう。

確定拠出年金で個人年金は不要になる

確定拠出年金とは公的な年金に上乗せして資金を運用し、60歳になってから給付を受け取ることができるというものです。

一般的に公的な年金で足りない分は保険会社から発売されている「個人年金」でカバーする人が多いのですが、確定拠出年金は保険会社が提供する個人年金よりもメリットが大きい制度です。

確定拠出年金のメリット:大幅な節税効果がある

  1. 掛け金は全額所得控除
  2. 運用時の課税も0
  3. 受け取るとkは税制優遇処置がある
  4. 資金をより多く増やすことが可能
  5. インフレに強い

今はまだ対象者が限定的ですが平成29年1月からは個人確定拠出年金の範囲が広がり、専業主婦や公務員、企業年金に加入している人も入れるようになります。ほぼすべての人が利用できる制度に変化しています。

個人年金を解約して確定拠出年金を始めている人も年々増えています

まとめ:時代に合わせて保険を変えよう

時代が変化することによって、医療技術は進歩し公的な制度もどんどん変わっていきます。それにより掛けた保険が無駄になってしまうことは少なくありません。

保険会社は自分たちが不利になる・都合が悪くなることは言ってくれません。加入した保険が時代に合わなくなったからと言って「解約して見直してみては」なんてアドバイスはしてくれないのです。だからこそ、自分でしっかり保険内容を把握し見直すことが必要になります。

時代が変化していくことを考慮すると、同じ保障内容でずっと加入し続けることは賢い選択だとは言えません。特に中途解約で損をしてしまうような保険や、見直しがしにくい保険には加入しないようにしましょう。

保険を見直したいという場合や損をしない加入の仕方がしたいという場合は、信用出来るファイナンシャルプランナーや保険代理店と呼ばれる各社の保険を取り扱うお店で相談してみるといいでしょう。自分に合った保険をプロの目線で提案してもらうことができます。

無駄な保険には加入しない、必要な保障を必要な分だけ受ける。このことを念頭に置いて定期的に保険の見直しをしていきましょう。

保険の加入、解約に迷っている方は無料の保険相談を活用しよう

「生命保険に加入したいけどどれがお得なのかわからない」

「保険料の負担がきついから解約しようか迷っている」

「自分にとって一番最適な保険に入りたい」

現在日本で加入できる生命保険会社は数十社にのぼり、各社それぞれたくさんのプランを提供しているため、一人で保険選びをするのは非常に難しいです。

保険のビュッフェが提供する無料保険相談サービスでは、保険の専門家(ファイナンシャルプランナー)があなたに最適な保険を紹介してくれます。

保険相談は無料で出来ますし、もちろん「お話だけ聞いて加入しない」でもOK!

ご検討ください。

無料保険相談の
詳細はこちら

※保険の見直し一つで年間数万円以上の保険料が変わってくることもあります

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください