自動車保険

譲渡、廃車時に取得すべき自動車保険の中断証明書とは?

自動車保険には等級制度という保険料の割引制度があり、等級が高くなるにつれて保険料が安くなります。この等級は家族内で車を譲渡する場合や一時的に中断して再び自分が乗る際等に引き継ぐことが可能です。

例えば10等級の状態で一旦車を手放して、1年後再度乗る際、等級の引き継ぎ手続きを行えば再度10等級からスタートさせることが可能です。

その際に必ず必要になってくるのが中断証明書と呼ばれる書類です。

本ページでは「中断証明書について、取得方法や必要になるケースなどについて」解説します。

中断証明書とは?

様々な理由で車が一度不要になるが、後日再度乗る予定があり、その際に等級を引き継ぐために必要となるのが「中断証明書です。

解約をしてしまうと等級が引き継げなくなり、また新しく保険契約をしようと思ったときには保険料が高くなってしまう可能性があります。これを防ぐために「中断証明書」を取得し、等級が引き継げるようにしておきます。

中断証明書があれば、中断してから10年以内であれば等級が引き継げるようになっています。また、中断時に契約していた本人以外でも、配偶者や同居の親族等の家族であれば等級の引継ぎが可能です。

中断証明書の取得条件

中断証明書は中断する保険の等級が7等級以上であり、中断する理由が以下のいずれかに当てはまる場合にのみ発行できます。

  • 廃車や譲渡、リース業者への返還をする場合
  • 一時抹消(ナンバーのみを運輸支局へ返納して抹消登録をすること)をする場合
  • 車検切れをした場合
  • 車両入替をして別の保険をかける場合
  • 妊娠・出産で一時的に乗らなくなる場合
  • 災害や盗難による滅失をした場合

その他にも、海外などへ出張をするために車に一時的に乗らなくなる場合などは譲渡や廃車をしなくても中断証明書を発行することが可能です。

保険会社によって条件は少しずつ違うようですが、基本的には以上の理由であれば中断証明書が発行できます。

中断証明書の取得手続き方法

上記の条件に当てはまれば、カスタマーセンターや代理店に連絡をします。

すると中断証明書を発行するための書類である中断証明書発行依頼書が郵送されてきます。必要事項を記入・捺印し、必要書類を添付して返送すればしばらくして中断証明書が送られてきます。

中断証明書の発行に当たり必要な書類は、中断をする理由によって変わってきます。理由別の必要書類の例は以下の通りです。

  • 一時抹消…廃車の事実や日付が記載されている公的書類のコピー
  • 車検切れ…車検切れ後の車検証などのコピー
  • 車両入替…別の保険契約に車両入替されている事実が確認できる「変更確認書」のコピー
  • 妊娠出産…母子健康手帳のコピー

廃車や譲渡、災害による滅失等の場合は添付する書類が不要となる場合がほとんどです。

中断証明書の期限はある?再発行は可能?

中断証明書は中断した日から10年以内であり、新しい車を取得した翌日から1年以内であれば有効となります。

必要になるときまできちんと保管しておきましょう。

中断証明書をもし紛失してしまっても、基本的には再発行が可能です。しかし再発行には時間がかかるので早めに手続きをしておきましょう。

中断した際と同じ保険会社で再契約をする場合は再発行が不要となるケースもあります。

中断証明書が必要になるケース

保険の再契約の際に中断証明書が必要となるケースをいくつかご紹介します。以下の予定がある方は中断証明書を発行しておくようにしましょう。

  • 再度車に乗る場合
  • 家族内で車を浄土する場合

再度車に乗る場合

一度車に乗るのを辞めたが、また車に乗ることになった場合に必要になります。

等級を引き継げば新規契約するよりも保険料を抑えられるので契約の際に中断証明書があることを伝えて添付しましょう。

再度車に乗る場合は、同じ保険会社でも別の保険会社でもどちらでも構いません。

家族内で車を譲渡する場合

家族間で車を譲渡する場合は中断証明書を使えば等級を引きついで契約をすることが可能です。

例えば父親が車に乗らなくなったために息子に車を譲渡するというケースや、おじいちゃんが高齢で車に乗らなくなったために同居の孫に車を譲渡するケースなど理由を問わず、家族観の譲渡であれば中断証明書を使うことができます。

ただし同居している家族の間での譲渡のみが対象となるため、別居の子供などは中断証明書を使って等級引継ぎができません。同居している間に手続きをしておけば後から別居をしても問題がないので、引っ越しの予定がある場合は先に手続きを済ませておくといいでしょう。

まとめ:中断証明書を使って保険料を節約しよう

何らかの理由で車に乗らなくなり保険が不要になる場合は、そのあと車に乗るかどうかを問わず必ず中断証明書を発行しておきましょう。

中断証明書の発行は無料で行えるので、発行しておいて損をすることはありません。もし等級が高いなら再開する際に大幅に保険料を節約できる可能性があります。

また保険を再開する際は、以前契約していた保険の中断証明書があるということを伝えるようにしておきましょう。そうしなければ新規契約となり、保険料が高くなる可能性があります。

もし中断証明書の提出を忘れて新規契約をしてしまっても、保険会社によっては後から手続きをすることで差額分の保険料を返還してもらえるケースがあります。

ただし中断証明書を発行していなければならないので、発行手続きは忘れないように心がけておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください