自動車保険

自動車保険の保険料を滞納するとどうなるか?

自動車保険の保険料は月払いもしくは一括払いで支払います。

そこで気になるのが保険料の支払い忘れ等で「延滞してしまったらどうなるか」という点です。

うっかり口座に入金をするのを忘れていたり、残高不足で引き落とされていなかったということはよくあること。一度延滞をしてしまったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

本ページでは「もし滞納してしまった場合はどうなるのか、そのあとの支払い方法や何回滞納したら解約になるのかなど自動車保険の滞納について」解説します。

月払いで滞納してしまった場合

月払いの場合は支払い忘れによる滞納が起きやすいと言われています。

滞納すると場合によっては契約が強制的に解除されることもあるので注意しておきましょう。

2か月までなら滞納しても大丈夫

月払いで自動車保険を支払っている場合は2か月連続までであれば滞納しても問題ありません。

ただし2か月連続で滞納するとその次は3か月分を一度に支払わなければなりません。また、2か月連続での滞納を1年間のうちに2回行ってしまうと契約が解除されてしまいます。

例えば、4月と5月に滞納してしまい、6月に4・5・6月の3か月分を支払ったとします。この時点では問題なく契約が続きます。

しかし同じ年の10月と11月に連続して滞納してしまうと、その時点で契約は解除となってしまいます。

滞納してしまった場合の支払い方法

1か月分滞納した場合は翌月の支払日に2か月分をまとめて。

2か月連続で滞納した場合は翌月の支払日に3か月分をまとめて支払うことになります。基本的には滞納した後も支払方法は契約時に選んだ支払い方法と同じです。

滞納して契約が解除されるとどうなる?

もし2ヶ月連続で2回滞納してしまった場合、契約が強制的に解除されることになります。強制的に解除されると、以下のトラブルが起きてしまいます。

  1. 等級が引き継げなくなってしまう
  2. 他社での契約が難しくなってしまう

強制解約になってしまうと、基本的には同じ保険会社ではもう一度契約をすることはできません。

そのため他社で契約をすることになりますが、この場合には等級を引き継ぐことができません

他社での申し込み時に、契約を断られてしまうケースもあります。特に保険料の安いダイレクト型の自動車保険では断られてしまうケースが多いと言われています。代理店型は比較的受け入れてもらえる確率が高いですが、その分保険料も高いので注意しておきましょう。

もう1点注意しておきたいのが「契約解除されたことを隠して申し込みをする」という点です。隠して申し込みをしたことが後から判明すると「告知義務違反」となり、また強制的に契約解除させられる可能性もあります。

年払いで滞納した場合は?

保険料は年払いで支払う方法もあります。支払方法は自動車会社によって違いますが、基本的には先に支払わなければ契約ができません。

自動車保険は1年更新が基本ですが、年払いの場合は翌年の保険料を先に支払うことになります。

支払方法によって「保険開始日の〇日前までに支払わなければならない」と決められています。この期間を過ぎて保険料を滞納すると「契約を更新しない」とみなされます。満期日をもって契約は解除となります。

しかし満期日から1か月以内であれば再手続きが可能です。

再手続きをすれば更新することが可能ですし、ペナルティなどもありません。

しかしそのまま契約が解除になってしまうと等級の引継ぎが出来なくなったり、他社での加入が難しくなることもあるので注意しておきましょう。

滞納が続いてしまったら、解約して乗り換えを検討してみよう

うっかり支払いを忘れてしまったという場合は別ですが、「自動車保険が高額で支払いが難しい」「お金が無くて滞納が続いてしまった」という場合は自動車保険の乗り換えをおすすめします。

自動車保険は安くできる

自動車保険は契約内容を見直したり、保険会社を乗り換えることで安くすることが可能です。

  • ダイレクト型保険に乗り換える
  • 余計な特約を外す
  • 補償金額を抑える

上記のように工夫をすることで保険料が半額以下になることもあります。支払いが厳しいのであれば一度安くできないか見直してみましょう。

特に現在代理店型保険に加入している場合はダイレクト型(通販型)の保険に乗り換えるだけでかなり保険料を抑えることができます。

まとめ:月払いの場合は滞納に注意!保険料が高額な場合は乗り換えよう

年払いの場合は滞納する心配はほとんどありませんが、更新のし忘れには十分注意しましょう。

しかし月払いの場合はついつい支払いを忘れてしまったり、滞納してしまうことがあります。契約が解除されると等級が引き継げなくなり、他社で再契約をしても保険料が高くなってしまう可能性もあるので注意しておきましょう。

支払いが難しくて滞納してしまった場合は、これを機に保険料を安くする工夫をしてみましょう。

高額な保険料のままだと、滞納が続いて契約解除せざるを得ない可能性も高くなってしまいます。それを防ぐためにも保険会社の乗り換えなどをして保険料を安くすることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください