自動車保険の特約

車両保険の新車特約とは?その必要性について解説

自分の自動車が受けた損害を補償してくれる車両保険。その車両保険につける特約の中に、「新車」に特化したものがあります。

一般的には「新車保険特約」や「新車特約」と呼ばれていて、新車買替特約・車両新価特約など保険会社によって名称が違います。

本ページでは、「新車特約にどういった特徴やメリットがあるのかを詳しく解説」「加入すべきかどうか、その必要性について」ご紹介していきます。

新車保険特約とは

補償されるのは自動車が大破して修理不能となったときや、修理費が新車の価格の50%以上になった場合など。新しく車を購入する費用や修理費として保険金が受け取れます。

<補償される内容>

  • 自動車が修理不能になったとき
  • 修理費が新車の価格の50%以上になったときなど

通常の車両保険で支払われる車の時価額と実際の購入に必要な再取得価格の差額が補償されます。

通常の車両保険では200万円の車を購入すると1年目は最大で200万円の補償が受けられます。

しかし翌年以降は車の価値(時価額)が下がり、補償される上限額は下がっていってしまいます。2年目の車両時価額が150万なら全損しても150万円しか受け取ることができません。

新車保険特約を付けていれば、年々下がってしまう上限額を1年目と同じ金額にキープしておくことができます。

2年目に車両時価額が150万になっても上限額は新車購入時の200万なので、全損すると200万円を上限に保険金が受け取れます。

保険料は保険会社によっても違いますが、5000円から1万円になります。年々保険料は上がっていきます。

新車特約の補償範囲

新車特約に加入している車が大破し、再び新車に買い替えた際に保険金が受け取れます。ただし盗難は補償の対象外となります。

加入対象となる車

新車購入時はもちろん、年数が経っていなければ中古車でも特約を付けることができます。保険会社によって加入対象となる車の基準は違います。

期間内であれば中古車でもOKです。しかし保険料は高くなってしまうことが多いです。

加入可能期間

新車特約に加入できる期間・付帯していられる期間は保険会社によって違います。新車購入時から計算すると代理店型の多くは約5年間、ダイレクト型は2年間が目安となっています。

<主な自動車会社の新車特約加入可能期間>

保険会社 特約名称 加入可能期間
イーデザイン損保 車両新価保険特約 初年度登録から11か月以内
ソニー損保 新車買替特約 初年度登録から25か月以内
おとなの自動車保険 車両新価特約
三井住友海上 新車特約 初年度登録から61か月以内
損保ジャパン 車両新価特約

代理店型の方が加入していられる期間が長いのでお得に感じますが、その分保険料はかかります。また、ダイレクト型に比べると割高になるので注意しておきましょう。

代理店型はダイレクト型に比べると割高なので注意が必要です。

新車特約は必要?

新車特約を付けるべきかどうかはかなり微妙だと言えます。実際車両保険を掛けている人のうち、新車特約を付けている人は全体の10%以下とあまり高い数字ではありません。

車両保険の補償範囲で十分

特約を付けていない通常の車両保険で支払われる時価額は契約している車とほとんど同じものを再取得した時の価格を基準に決められます。

年々補償額が下がるとはいえ、決して補償内容が不足しているとは言えません。

つまり新車特約は車両保険の不足分を補うものではありません。保険料を上乗せさせて、もしもの時にまた新車を購入するときの補償を受けるためのものと言えます。

具体的に、以下のような状況になったとします。

  • 200万円の車を新車購入
  • 購入後2年目で事故を起こして廃車
  • 車が無いと困るため、再び新車を購入する
  • 翌年の時価額は160万円

通常の車両保険の場合は時価額となる160万円を上限に補償が受けられます。新車特約を付けていれば200万円を上限に補償が受けられます。

差額は40万円。これだけを見ると年間1万円ほどの出費でもしものときに40万円ほどの補償が受けられるのなら、新車特約を付けていた方がお得であるように感じます。

しかし「もしものときに得になるから」と補償を付けているとキリがありません。車両保険はただでさえ高額になりがちです。そこに新車特約を上乗せすると合計の保険料は非常に高くなってしまいます。

新車購入から2年から5年の間に全損になる可能性を考えると、数万円以上損をしてしまうとも考えられます。

まとめ:本当に必要になるケースは少ない

車に思い入れがあり、購入から数年間のうちは「もし事故をしても同じ車を再度購入したい」と考えているのであれば、新車特約に加入しておくメリットはあります。

しかし以下のように考えているのなら、新車特約は不要です。

<新車特約は不要>

「再度車を購入するとしても、少しグレードを落とした車で十分」
「同じ車を再び購入しようとは考えていない」
「保険料はできるだけ抑えたい」
「無駄になる可能性が高い補償はつけたくない」

加入者の少なさから見ても、新車保険が本当に必要になるケースは少ないと言えます。

無駄な保険料を支払わないためにも、加入することを勧められたり、新車購入時に迷ってしまった場合は十分に検討しておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください