自動車保険

任意保険は不要?自賠責保険で大丈夫という考え方は正しいのか

任意保険の加入を検討する際に「自賠責保険に加入しているから任意保険は不要」だと考えている人もいます。

実際に、自動車を所有している人の約3割は任意保険に加入していないので「任意保険は不要」だと考えている人は2割~3割程度いると考えられます。

参考:自動車保険の加入率の推移(PDFファイル)|日本損害保険協会

しかし結論から言うと、自賠責保険だけでは事故を起こしたときに絶対に補償しきれません。自賠責保険だけでは「保険に入っているから事故をしても大丈夫」とは言えません。

どうして自賠責保険では補償が不足してしまうのか、その理由について」詳しく解説します。

自賠責保険の補償内容

まずは自賠責保険の補償内容を知っておきましょう。

対人の死亡補償で3,000万円まで

任意保険では基本的に「無制限」となっている対人の死亡補償でさえ、自賠責保険では最高3,000万円しか補償されません。死亡よりも金額が高くなる高度障害の場合も最高4,000万円です。

<自賠責保険の補償金額>
  1. 死亡補償(葬儀費や被害者または遺族の慰謝料など)…1名につき3000万円
  2. 高度障害補償(事故で障害が残った場合)…1名につき4000万円(障害の度合いにより金額が変わる)
  3. 障害補償(事故でケガをした際の治療費・休業損害費・慰謝料など)…1名につき120万円

もし死亡させてしまったり相手に後遺障害が残ってしまった場合は、その相手の年齢や性別、職業によって自賠責保険を運営する団体が決めた基準によってお金が支払われます。

しかしその金額は非常に低く、最高額となる3,000万が支払われることはほとんどありません。また、自賠責保険からおりる賠償金だけで納得してくれる人はほとんどいないでしょう。そのため弁護士などに依頼して賠償金を請求されるケースが多くなります。

そうなると自分で賠償金を支払わなければならない可能性も出てきます

事故によって相手を死亡させたり、高度障害を負わせてしまった場合、損害賠償額が億を超えるケースも珍しくはありません。

特に若い働き盛りの世代を死亡させてしまうとその人が定年退職するまでに見込める収入分までも損賠賠償として支払う必要が出てくるわけです。3000万円では絶対に足りません。

対物には補償が無い

交通事故では人ではなく物に対しても損害を与えてしまう可能性があります。相手の車はもちろんガードレールに突っ込んでしまったり、一般家屋やお店などにある備品を壊してしまったり…。この場合は壊してしまったものを直す費用を支払わなければなりません。

しかし自賠責保険にはこの「対物」に関する補償がありません。

任意保険に未加入の場合は「事故で何かを壊してしまっても全額自己負担しなければならない」と思っておきましょう。

自賠責保険は自分が補償されない

自賠責保険補償されるのは事故相手にケガをさせたり死亡させた場合のみ

物はもちろん、自分(および同乗者)の死傷に対する補償も一切ありません。

無保険車や当て逃げに遭った場合は泣き寝入り?

事故は自分に全く過失がなくても被害を被ってしまう場合があります。

自分に過失がなく、相手に100%過失がある場合は通常相手の任意保険によって自分の被害を補償してくれます。

しかし相手が任意保険に加入していなかった場合、相手と連絡が取れなくなって損害金が請求できなくなったり、示談交渉が上手くいかずに泣き寝入りとなってしまうケースもあります。

また、当て逃げに遭った場合は相手が特定できないので損害額は請求できません。この場合も相手が特定できない限り泣き寝入りです。

自分が事故で被害を受けた場合は、通常なら相手の保険を利用して損害額を受け取ります。しかし無保険や当て逃げの場合は補償が受けられないケースや、十分な金額を受け取れないこともあります。

任意保険にはこれらのケースでも補償があります。
ケガをした場合は「人身傷害保険」相手が無保険車だった場合に備える「無保険車傷害特約」、自分の車が壊れたときの修理費に充てることができる「車両保険」など様々な補償があります。

自損事故の場合も全く補償がない

自賠責保険には「自損事故」を補償する制度がありません

1人で事故を起こしたときはもちろん、相手がいても自分の過失が100%の場合は「自損事故」に含まれるため補償が受けられません。

1人で電信柱に車をぶつけてケガをしてしまったとしましょう。自賠責保険にはその際にかかった費用を補償するものは何もありません。ケガの治療費や入院費はもちろん、車の修理費も電信柱を壊してしまった際にかかる損害額も全て実費で支払うことになります。

しかし任意保険に入っていれば自分に対する補償・対物補償・車の修理費を受け取ることが可能です。

まとめ:自賠責保険だけではトラブルが起きる可能性が高い

ご紹介したように、自賠責保険は十分な補償を受けることができません

自分が加害者となってしまった場合は、相手に納得してもらえる金額を支払うことが出来ずにもめる原因になります。

自分が被害者となった場合や、自損事故の場合は治療費や修理費で大きな負担を負う可能性が出てきます。

「どんな高額な損害賠償を支払うことになっても生活に困らない」というほど貯蓄があるなら任意保険は不要かもしれません。しかしほとんどの人がそうではないでしょう。

「もしも」に備えて任意保険に加入することは、自動車を運転するなら当たり前のこと。自賠責保険では十分な補償が受けられませんし、トラブルの元になる可能性が高いことを十分知っておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください